世田谷これまである記 -blog編-


せたがやじんと一緒♪ in用賀駅周辺

今日は用賀の地名の由来になった「喩伽山真福寺」に行ってみようと思い、田園都市線用賀駅にて下車。

真福寺の前に、まずは用賀神社へ行ってきました。
e0030922_16381571.jpgこの神社は、かつては秋祭りの時に若衆が獅子頭を担いで村中を練り歩き、また境内で獅子合わせという行事をしていました。しかし現在ではお神輿が主体となり、獅子頭は社殿の前に飾られるだけとなったそうです。
ここの神社も(前回行った玉川神社もそうでした。)、かつては天祖神社といっていましたが、明治41年に周辺の神社を合祀し、地名をとって用賀神社としたそうです。明治41年には何か令が出たのですかね。
ちなみに拝殿の賽銭箱は扉が閉まっていて、扉には穴が開いていて、そこから管が伸びて賽銭箱にお賽銭が入るという面白い仕組みになっていました。またここも鈴が置いてありました。
現在の社殿は昭和52年にたてかえたそうです。また一の鳥居や用賀神社と書いてある碑は昭和33年のものでした。ちなみにこの碑の裏には「玉川用賀」という地名が書かれています。これは世田谷区が昭和7年にできる時に、世田谷町・松沢村・玉川町・駒沢村とあったのですが、これが合併する時にもめまして、結局世田谷区という名前になると決まった時、玉川町としては「玉川」という地名がなくなってしまうのが残念だと言うことで、当初玉川町に属していた地域の地名の頭に「玉川」というのをつけたと言います。この玉川用賀もその一つだと思われます。
さて話が長くなりましたが、境内には「大六天力石」というものがありました。他にも「戦□紀念碑 陸軍中将柴五郎書」という碑もたっていました。柵には「昭和参年 御大典紀念」とあります。何でここに柴五郎が関係あるのかが分かりませんが、この碑の裏には、西南・日清・日露・韓国守備にて命を落とした用賀村の人の名前が書かれています。ちなみにこちら側は大正8年となっておりました。

e0030922_1651546.jpg次は真福寺です。室町時代、小田原北条氏の家臣である飯田帯刀の子、図書によって開基されたお寺で、飯田家の菩提寺となっています。飯田家は用賀村を開墾し、彦根藩世田谷領の代官を二代務めましたが、二代目の時に年貢を納めなかったため代官職を辞めたみたいです。




e0030922_1646719.jpgそしてここは用賀の地名の由来ともなっている「喩伽山」です!山門のところにちゃんと額が飾ってありました☆
またここは旧大山道から参道が延びていて、大山道のところに「喩伽山真福寺」の碑がたっていました。






今度は用賀商店街(旧大山道)を通って一旦駅に向かいました。というのも、用賀をモチーフにしたお菓子を売っている和菓子屋さんとかないかなぁ、と思いながら歩いたのですが、結局亀屋万年堂さんをみつけただけで、地元のお菓子屋さんは見つけられませんでした。

e0030922_1714179.jpgまた、ここの商店街沿いに酒屋さんがあったのですが、ここの建物が渋い!そして蔵づくりの姿の建物を残してある!!ということで写真に撮ってきました。この前行った中里商店街(旧大山道沿い)にも古い姿をした商店があったので、大山道沿いには今もこういう建物が残っているのですね。



用賀駅からは、砧公園に続くいらか道(プロムナード)を少し歩いて無量寺へ。このプロムナードには百人一首が刻まれているのですが、自転車が駐輪してあって、読めないところも多々・・・と思っていたら、帰りには世田谷区が違法駐輪を片っ端からトラックに積み込んでいて、あな厳し、と思いながら隅の方を歩いてました。

e0030922_1792061.jpg無量寺は用賀観音という名で知られています。というのも、天正年間に観音様が品川の漁師の網にかかり、その観音を用賀の住人である高橋六衛門がお告げによって当寺に納めたと言われているからです。この観音様は十二年に一回午の年に開帳されます。
また写真の左に写っているのが、世田谷百景の一つ「無量寺の大イチョウ」です。

e0030922_17155642.jpg最後に用賀駅の上に立っているタワー、SBSに行ってみました。地下と1階(2階も?)には店舗が入っているのですが、それより上はオフィス階となっていて、まるでキャロットタワーのようです。しかしこちらは27階!キャロットタワーより階数がありました。しかし展望フロアはありませんと書かれていました。残念。またこの建物に入っている「優文堂」という本屋さんに『歩く世田谷21』が飾ってあって、「世田谷本屋大賞受賞」と書いてありました。世田谷本屋大賞?そんなものがあるのですね。ちなみにここの店員さんは世田谷ライフの名前が入ったエプロンを着用。世田谷色の強い本屋さんです。なので私も『地元の書店が作った世田谷便利マップ!世田谷区』を買ってしまいました。バスの路線図が嬉しいです。

以上用賀駅周辺散歩でした。天気が良くなったら百人一首を読みながら、砧公園までお散歩してみるのも良いですね。

参考資料
『せたがやの散歩道』
『続・せたがやの散歩道』
『改訂・せたがやの散歩道 一歩二歩散歩』
区の看板



~おまけ~
e0030922_17235954.jpg

馬事公苑通りにはこんなものがありました。
ちなみに道やガードの支柱には馬のひづめもかたどられています。
[PR]
by hirainatsuko | 2006-06-23 16:37 | お散歩

<< 地域提案型雇用創造促進事業      SNS お散歩ツアーvol.0... >>

きょうどしか(志望)
by ooyama michiko
カテゴリ
全体
民話・伝説
民話の舞台
お散歩
世田谷関連の本
史跡
協働事業 風景資産
各地の案内所
つれづれ
大山道場
その他
身上書
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧