世田谷これまである記 -blog編-


カテゴリ:その他( 15 )



せたがや産業情報コーナー

世田谷の産業振興公社が、「せたがや産業情報コーナー」を
リニューアルオープンしました!
この間の5月10日のことだそうです。

・・・・全く知りませんでした。不覚です。

なにやら産業振興公社は、東京都の観光窓口も兼ねているそうなので、
せたがやじんを連れていってみることにしました。
e0030922_16443636.jpg

こちらです。
三茶シャレナードの1階です。

喫茶店になっているんですね。
飲み物、ケーキに、今週からランチも始めたそうです。
私はランチ丼セット(飲み物つき)700円を食べてきました。
食材は世田谷に縁のある地域(川場村など)からのものだそうです。
また壁にある棚は、産業プラザのお知らせコーナーと産業振興組合のイベントコーナーと
世田谷の観光コーナーに分かれて、それぞれチラシが置いてあります。
もちろん東京都観光窓口のパンフレットなんぞも置いてあります。
(ここで外国語の東京案内のガイドや地図が必要かどうかは別ですが。)

しかしここは・・・
喫茶店に用があってくるのか、産業振興組合に用があってくるのか(そもそもそんな人いるのか!?)いまいち利用目的のあいまいなスペースな印象でした。
決して負け惜しみではありません、ええ。

せっかく世田谷スピリッツなどもやっているので、
もっともっと世田谷の紹介に特化してくれてもいいのにっっっ。
という思いを胸にランチを食べてました。

ちなみに営業時間は11時~18時 
日曜・祝日・第二土曜はお休みです。
[PR]
by hirainatsuko | 2007-05-22 16:56 | その他


『30日間避難訓練生活』

「防災について認識を深めてくれ」と言われて、上記の本を渡されました。
『30日間マクドナルド生活』という本に、マクドナルド生活以外にカップラーメン生活とこの避難訓練生活が掲載されているのです。
『30日間マクドナルド生活』は何やら一頃有名だったらしいのですが、そんなことは露知らず、、。またここから分かる通り、決して固く真面目な防災本ではなさそうです。

で、読んでみて・・・。

面白かったです。本来の防災とはもう関係なく「マクドナルド生活」も「カップラーメン生活」も読んでしまいました。

避難訓練生活ということで30日間を4段階に分けて、車中泊から始まってその後非常食を食べられるようになり、徐々に電気、水の供給が回復していく(←かなり大雑把)、、、という設定の上で避難訓練生活を30日間おこなってました。
まったくの認識不足の私は、インフラの回復順が「電気→水道→ガス」ということを知って、もう既にかなり勉強になった気がしました。

それで、何がすばらしかったか!
それは「どの非常食が美味しいのか」が切実に伝わってくることです。
値段と賞味期限まで全部表記してます。
やはり人間食べ物ですよね。
被災したら美味しいまずいなんてレベルじゃなくなると思いますが、でもどうせなら美味しい方が良いです・・・。だから今のうちからちゃんと美味しい非常食を準備しておきましょう!
他にも「水なしシャンプー」「アメリカの非常食アークスリー(あまり美味ではないらしい・・)」「宇宙食」「冬場お湯のない中での水浴び」「帰宅支援マップ」「浄水器」などいろいろと実体験してます。

震災時の経験はできればしたくないですが、避難訓練の経験は貴重かもしれませんね。
[PR]
by hirainatsuko | 2006-08-12 16:42 | その他


地域提案型雇用創造促進事業

なんだか難しいタイトルになってしまいましたが、先ほどgmailをみていたら脇にこんなトピックスが載っていたので、クリックしてみました。そうしたら日本商工会議所のHPにとびましてこんな文面が。以下まとめるのも面倒なので貼り付けちゃいます!


◆ 地域提案型雇用創造促進事業1次採択案件を決定(厚生労働省) (2006.6.30)


 厚生労働省は29日、地域提案型雇用創造促進事業(パッケージ事業)の平成18年度第1次採択分として、全国31地域(36市町村)の事業構想を採択した。今回、採択されたのは、飯山市(長野県)の「地域資源(森林・温泉・食農)を活かした健康増進型の観光による地域再生」、橋本市(和歌山県)の「日本一のパイル織物・紀州へら竿産業の再生による地域産業創出と雇用機会の増大」、岡山県新見市の「かのさとにいみ地域ブランド育成・雇用促進事業」など。観光振興、ものづくり支援、地域ブランド育成など地域資源を生かした構想が多くなっている。採択地域では、「商品開発研究」「販路拡大に向けた専門的な知識やノウハウ」などの企業人材育成や技術指導、ヘッドハンティングなどによる人材の誘致や公募などの事業、地元求職者に対する資質向上のための「セミナー開催」、「求職者情報提供コーナー」「求職者相談コーナー」の充実などの事業を実施し、雇用創造を目指す。同事業の事業額の上限は2億円で事業期間は3年。昨年度から実施している地域は66カ所で、今後は、地域再生計画の認定スケジュールと合わせて2次採択分の審査が行われる。
 詳細は、同省のサイトhttp://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/06/h0629-2.htmlを参照。

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/machi/
   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/mono/
   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/kanko/
   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/mono/JB.html
   地域振興関連施策公募情報http://www.jcci.or.jp/category/area.shtml


で、この観光ナビというのを見てみたんですが、ここに各地のご当地検定情報というのが載っていて、これが結構あって面白そうだなぁと思いました。
やはり名だたる観光地が多いのですが、京都でもジュニア京都検定などがあったり、また茨城にもご当地検定(「いばらき何でも知っとこ検定」)がありました。現在認定者数17人だそうです(受験者20名)。あとは明石・タコ検定というのもあって、これはお魚通を目指すものらしいのです。模擬チャレンジできるところがあってやってみようと思ったのですが、問題文読んで何を言っているのか分からずやめてしまいました(汗)こちらは明後日7月2日開催だそうですよ!
[PR]
by hirainatsuko | 2006-06-30 12:11 | その他


防災マップ

世田谷区の防災マップについては前に一度触れたのですが、「地震の揺れやすさマップ」と「地震の危険度マップ」がありました。
対して、今検索して出てきた板橋区の防災マップは避難所・救援所、給水拠点施設などが掲載されています。

普通防災マップといったら板橋区の方じゃないかと思うのですが、確かに世田谷区の場合は、防災のHPから避難所・その他防災設備設置場所が検索できるし、道路にある消火栓のケースにもその地域の避難場所が書いてあるので良いかもしれませんが・・。確か地図になっているのもあった気がします。ただ消火栓のは広域避難場所しか書いてなかったので、我が家の避難場所はあるいて20分はかかる昭和女子大です。・・・・遠い。
[PR]
by hirainatsuko | 2006-05-12 16:58 | その他


なかみせにて  0505

前回なかみせに入った時、こんな問い合わせが!
「ここには、三茶のマップやお祭りのパンフレットとか以前置いてましたよね?もう無くなっちゃったのですか。遠方からくる知人に渡したかったんですが・・。ここにくればまた何か入るかしら。」
・・・・・・・・と。

これはすごい!ついに出番がきたのか!!と小躍りしました。
折角なので、今までなかみせにきた問い合わせを書いておきます。

3月○日 東横線への乗り方(どこに出るのが良いのか)
 →中目黒か学芸大。よく考えたら渋谷が一番早かったか。

3月23日(木) 百円ショップ
→茶沢通りのCan Doか、生活良品

3月31日(金) 国立医療センター行きのバス(×)
 →246のバス停「田園調布」行き

4月○日 ちょっと食べるのにいい店
→「おおなり」さんを紹介

4月12日(水) りそな銀行
→以前の大和銀行

4月15日(金) ロアゾー(×)
→なかみせにあった。犬も入れる喫茶店らしい。

4月22日(土)  ちょっと食べるのにいい店
→「おおなり」さんを紹介

4月26日(水)  なかみせ内にハワイアンの専門店(×)
→インターネットで調べてみたら「MERIA]というハワイアンマーケットが・・。

5月3日(水)   三茶のマップやイベントパンフはありませんか?


という感じです。
前の洋服屋さんもちょくちょく聞かれているので、
まあまあ問い合わせはあるのですかね。

e0030922_22261673.jpg

[PR]
by hirainatsuko | 2006-05-06 23:14 | その他


ご近所の底力

防災について調べることに、もう行き詰まりを感じてしまっています。
災害時、一番気になることって何でしょう。
うーん。
前に、阪神大震災を体験なさった方から聞いたお話だと、
災害時、ご近所というのがとても大きなポイントになるそうです。
震災で、この人は頼りになるとかならないとかを身をもって感じられたそうです。
普段、あまりご近所づきあいのない我が家としては
ハラハラものですが、、。

ということで、いわゆる「ご近所の底力」ですね。
これで何か出てこないかな、、と検索してみます。


「広報なると」という鳴門市が出している広報誌にその名もずばり「ご近所の底力」
として、自主防災会の結成を推進というものがありました。
ここでは「阪神淡路大震災の震源地近くの淡路島北淡町(現在の淡路市北淡町)では、全家屋の3分の2が全半壊しましたが、火災が1件しか発生せず、地震の12時間後には、住民すべての安否確認を終えていました。不幸にも39人のかたが圧死しましたが、約300人の生き埋めになったかたが救助されました。一方、阪神地区では広範囲に火災が発生するとともに、多くの住民が建物の下敷きになり、探知機や救助犬を使いましたが、多数の圧死者が出ました。この違いこそが「ご近所の底力」の差だと思われます。」という文章が載せられていました。

うーん、まさにご近所の底力。

ではわが世田谷区はどうなっているかといいますと、
「防災区民組織」というのがありますね。
これは主に自治会や町会を主体として防災組織をつくり、
区からも支援や援助金を交付するというものみたいです。
この町会や自治体というのが一体どの程度存在しているのかというのが
問題なんですが。
でも私の地域では町会は存在してます。
回覧板も回ってきますし。
ただどの範囲がうちの町会で、どんな人がいて、何をしているかは知りません。
・・・これではあまり意味がなさそうですね・・・。

この町会や自治体というのはどのくらい根付いているものなんでしょう。
世田谷は広いので地域によってかなり違うと思いますが、
少なくとも災害時、我が家では機能しそうもありません。
こういう疑問をもった人はどうやって町会と関係していけば良いんでしょう。
やっぱりご近所づきあいに戻るんですかね。
[PR]
by hirainatsuko | 2006-04-25 18:00 | その他


またまた世田谷の防災メール

登録してから四日。
もう毎日メールを配信してきます。

11日の防犯情報は紹介したと思うのですが、
12日は明け方すごい雨で我が家は雨漏りしたのですが、どうやら東京23区に大雨洪水注意報が発令され、その注意報がちゃんと午前3時42分に送られてきました。もちろん寝て気づいてません。
13日には、なんと9日から11日にかけて蘆花恒春園にて、31羽の鳩の死骸が確認されたとのこと。鳥インフルエンザのウィルスは陰性だったみたいなのですが、こんなことも配信されてくるのですね。最後にはちゃんと手洗い、うがいの励行をしております。
ちなみに今日は今日明日の天気予報。

うーん、必要だと思われる情報は一体どれくらいのものか知らん。
しかも毎日送られてくるとこちらは幾らかかるんでしょう。
解約しようかな・・・。
[PR]
by hirainatsuko | 2006-04-14 17:59 | その他


世田谷区の防災 メール配信

今日はこの間携帯に登録した世田谷区の防災HPから、
防災・防犯情報が即時に配信されるというメール配信に登録してみました。

そうしたら早速メールがきました。
一体なんだ!?とおもったら、防犯情報でした。
世田谷区内でひったくり被害が多数発生しているのとの事。
しかも被害者のほとんどは女性だそうです。
なので、歩行時の荷物は壁側、建物側で。自転車かごにはネットをかけましょう、
夜道は明るい道を歩きましょう。
という防犯情報でした。

しかしこのメールは一体どのくらいの頻度で配信されるのですかね。
今月一杯試してみます。
[PR]
by hirainatsuko | 2006-04-11 13:17 | その他


国土交通省 防災情報センター

今日は国交省のHPをみてみます。
まずリアルタイム雨量というのが全国規模で見られるのですが、
世田谷は上用賀に観測所があるらしく、昨日の15時から今現在に至るまで、
1ミリも雨は降ってませんでした。
他にも各交通機関にリンクがはってあって、運行情報の確認が出来ます。
気象や河川の情報も入っております。
あとは、台風や豪雪、地震についてのレポートがありますね。

この前の世田谷区のHPもそうでしたが、携帯用のサイトもあるんですね。
ただi-mode版のみでしたが・・・。
災害時、パソコン持って歩ける人はそういないですもんね。

ちなみに今世田谷区の携帯サイト版を携帯に登録してみました。
これで安心安心。
今日は秋田県沖で今朝八時ごろにマグニチュード4.3の地震があったそうです。
[PR]
by hirainatsuko | 2006-04-07 16:01 | その他


世田谷区防災HP

「防災」について。

まずは世田谷区の防災についてのHPをみてみました。
ここには区のHPの「災害対策・安全安心」からいけます。
内容としては、

・キャロットタワーにつけられた高所カメラ映像から、首都高の状況がわかる。
・地震情報(震度3以上を観測した時に世田谷区内の震度が表示される)
・揺れやすさマップ、危険度マップ
・区の防災対策
・世田谷区防災気象情報
・洪水ハザードマップ

などなどです。

揺れやすさマップ、危険度マップで我が近所の実情をみてみました。
揺れやすさでは、区内に震央のある直下型地震マグニチュード6.3を想定して、
各地域どれくらいの震度になるかというものです。
こちらは区内平均の震度6強のなかでも弱めという表示でした。
大して危険度のほうは、建物の倒壊の率がどの程度かというものなのですが、
こちらは5段階評価の中で危険度4と、区内の中でも少し高めでした。
世田谷区全体的では危険度3が大半を占め、北側の方に危険度4が広がっていて、
多摩川沿いに危険度5があるという感じでした(かなり大雑把ですが)。

また自分の家に近い、避難所・その他防災設備設置場所検索というのもできます。
これを見て知ったのですが、避難場所には第一順位避難所と第二順位避難所というのがあるのですね。
[PR]
by hirainatsuko | 2006-04-04 15:44 | その他

    

きょうどしか(志望)
by ooyama michiko
カテゴリ
全体
民話・伝説
民話の舞台
お散歩
世田谷関連の本
史跡
協働事業 風景資産
各地の案内所
つれづれ
大山道場
その他
身上書
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧