世田谷これまである記 -blog編-


<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧



IT革命

何を言っているかというと、
この前、携帯やデジタルカメラからパソコンの方に写真をおとす機械を頂いて、
それを機械のことがよくわからない私が、早速試してみようという意気込みを
タイトルに表わしてみたんです。

なにやら上手く行った模様で、
成果のほどを載っけたいと思います。
ちなみにこの写真は、何日か前の三茶ツアー(常盤伝説篇)のものです。
この前言ってたうさぎが、結構可愛くとれたぞ、と
満足してます。


e0030922_11263474.jpg


あれ、でもこのブログには一枚しか貼付けることができないのですかね。
六枚とったのに残念です。
何か方法があるのかな・・・・・。
[PR]
by hirainatsuko | 2005-10-25 11:29


世田谷線沿線フェステバル

今日はいい天気に恵まれ、三茶de大道芸と松陰神社幕末維新祭りが行なわれました。
昼過ぎに大道芸の方をのぞいたら、
そのまま商店街さんの駄菓子売りを手伝わせてもらいました。
すっごく懐かしかったです。
ただこの後松陰神社の方に、我が雅楽サークルが出演するので、
それを見に行く予定があって、本の短い間しかお手伝いできなかったのが残念です。

ということで松陰神社の方にはしごをしました。
空間が狭いのもあってか、三茶並みの密度でした。
ここも毎年大きくなっている気がしますね。
宮司さんも神主さんたちも、祭りの実行委員会の方たちも

かなり忙しそうに動いてらっしゃいました。
発表の方もみんな頑張って演奏してました。
春に行なった春明会と違って、
雅楽や能を目的に来ているお客さんではなかったのですが、
それでも沢山の方々が聞いて下さって嬉しかったですね。
[PR]
by hirainatsuko | 2005-10-23 11:13


三茶ツアー 常盤伝説から近世へ

昨日久々に青空がのぞいたので、かねてより懸案の三茶ツアーを一人敢行してきました!
と言っても、まずは一つのコースをくるりっと歩いてみるということからだったのですが。

今回は「常盤伝説から近世へ」というテーマでお送りしたいと思います。

まずは常盤塚。ここは結構わかりにくいところにあるんですよね。
私が初めて行ったのは高3の時でしたが、何回か探して、やっと見つけたという思い出があります。(方向音痴ではないと思ってるんですが・・・)
結構大きな碑がたっていて、皆さんから愛されてるんだなという感じがしますね。
常盤伝説については簡単に言いますと、
中世末期、世田谷の領主であった吉良頼康の寵姫に、常盤姫という女性がいました。この女性が頼康から特別に愛されていることに嫉妬した他の側室達が、常盤姫が不義をはたらいていると頼康に讒訴しました。それにより頼康から疑われてしまった常盤姫は城を抜け出します。しかし追っ手がかかり自害をしてしまいす。後から常盤姫の無実を知った頼康はこれを悔やみ、常盤姫とその胎児であった子のために神社を勧請します。これが次に行く駒留神社(若宮神社)とその境内にある厳島神社(弁財天)です。
・・・と結構長くなってしまいましたが。
ちなみにここの碑によると、常盤姫が自害したのは19歳だったそうで。時代は違いますが、やはり若い・・・。
(あとこの前、漫画家さんが描いた常盤伝説を読ませてもらいました。プロってすごいですね。ストーリーがよく思いつくなって。面白かったです。)
で、ここを13:30に出発しました。
次に駒留神社ここに着いたのが13:35。5分で来ちゃいましたね。
先ほども書いたように、ここは常盤姫とその子どもが祀られているところです。
この間の週末がここの秋祭りだったようで、境内はまだその名残がありました。
ここには3つ末社があるほか、常盤姫の弁財天や庚申塚もあります。
あと、簡易ですがお手洗いもあって、これはチェックかな、と。
そんなこんなで簡単にくるっとまわって、ここを出発したのが13:47。
次はぼろ市通りと代官屋敷・郷土資料館です。
ここが結構長いかな、というより歩くとどんなもんだろうという不安があったのですが、
代官屋敷に着いたのが14:07。20分のお散歩でした。
思ったよりは近かったのですが、ぞろぞろと駒留通りを20分歩くのは暇ですかね。
この辺何か趣向をこらしてみるのも楽しそうです。

今回行ったところは写真を撮ってきたので、今度のせたいなぁと思ってます。
この間ビデオを見せてもらったとき、画面の端に世田谷人がいるのをみて、
それがとっても可愛かったんです。
で、今回真似をしてみようと思い、家にあったウサギの人形を引っ張り出して、
写真撮るたびに画面に入れてみました。自己満足してます。

あと最後帰りは上町から世田谷線に乗ってきたんですが、
体力あるわって方は歩いて帰れる距離です。
他にも上町風景じゅくさんとかにも寄らせていただけたら楽しいだろうなと思います。

今回は歩いただけだったのですが、これにガイドをプラスさせるとどうなるんだろう。
またチャレンジしてみたいです。


そして夕方から吉祥寺コンシェルジュ。
ここで吉祥寺のガイドツアーの講習の報告書を読ませてもらったのですが、
目に飛び込んだ内容として、
1.ガイドの人が楽しければよいという自己中心的なツアーを!
2.マニアックなものを。
みたいなことが書かれていて、やはりかぶってるな吉祥寺!(笑)と思いました。
万人受けするものではなく、個々ということに焦点を絞っていたり、
ガイドが楽しさを引き出すことが重要、ということですかね。
あとエンターテイナー性というのはある程度先天的なものではなかろうか、
というのがあり、そもそもエンターテイナーとは何ぞや?ということも書かれていました。
何か人に表現できる個性みたいなものですよね。
私は何だろう・・・。
[PR]
by hirainatsuko | 2005-10-20 15:17


三茶UDコンシェルジュ と 吉祥寺コンシェルジュ〜 その5

この間の水曜に、前にお話を聞いた三茶UDコンシェルジュ を、
三茶de大道芸の時にできないか、ということで、
世田谷の文化財団だか文生だかの人の話を聞いてきました。
といっても、私は横にいさせて頂いただけで、
話は全部この三茶UDコンシェルジュを考えた方がなさったのですが。

それで、三茶de大道芸自体もう目前に迫っているので、
今回何ができるという感じではないのですが、
「UDコンシェルジュ」を実行するという観点から見た場合、
三茶de大道芸ではどんな風に行なわれているか?というようなことを
お聞きできれば良いなと思いました。
しかし結局の所は、
その場に来られている人はもう自力で楽しむことができる人なのではないか、というのと
パンフレットを配っているのだから、案内は必要ないのでは、という感じでした。
(というより私がこの2点について強烈に覚えているだけなんですが)。
でもこちらも具体性がまだなかったので、
その中今回少しでも話を聞く機会をとってくれたことに感謝です。

夕方は吉祥寺でまち案内。
最近本当に入れてないので、入るたびに思い出さねばならないことだらけです(汗)
吉祥寺は今アニメワンダーランドの開催時期です。
ただ大きなイベントは多分週末らしく、水曜の夕方はいつも通りのまちでした。
あと今度薪能があるらしく、アーケードから笛や鼓の音が聞こえてくるのがすごいな
という感じでしたね。
[PR]
by hirainatsuko | 2005-10-07 11:46 | その他

    

きょうどしか(志望)
by ooyama michiko
カテゴリ
全体
民話・伝説
民話の舞台
お散歩
世田谷関連の本
史跡
協働事業 風景資産
各地の案内所
つれづれ
大山道場
その他
身上書
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧