世田谷これまである記 -blog編-


<   2006年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧



せたがやじんと一緒♪ in岡本・瀬田  〜女子写真部の皆さんと〜

12月3日に、女子写真部のみなさんとお散歩ツアーをいたしました。
なんと総参加者10名!!
たくさんの方が一緒にお散歩して下さって、とっても嬉しかったです。

今回は「もみじをたずねて」コースと銘打って
岡本・瀬田・玉川エリアをお散歩しました。
特に秋に行く岡本は期待大でした。
というのも、なんと岡本の紅葉は玉川八景の一つとして数えられていたのです。
実はぎりぎりまでそんなことは知らなかったのですが、
結果オーライで、良い季節に行くことができて良かったです。

お散歩の流れとしては、
12:00に二子玉川集合!
その後、体育大の学生並みの量の昼ご飯を食べ、
このまま多摩川で昼寝コースで良いんじゃないか。。という気分を振り切って、
岡本民家園に向かって出発しました。
行く道すがら、二子玉川の商店街を通ったのですが、
その途中「世田谷土産」になっているカボチャのまんじゅうを
買っている方もいました。
私は、この商店街を通るのは初めてだったのですが、
高級感溢れるタマタカの裏には、クリスマスムードをものともせず
歳末セール一色のみの情緒溢れる商店街もあるんだなぁと驚きました。

e0030922_16101427.jpg
また、かつて砧線があったという道も通ったのですが、
その裏手には「大勝庵」というおそば屋さんがありまして、店内は鉄道色で彩られているという噂が。
ちょっと見てみようと、大勝庵に行ってみたのですが、日曜は定休のよう。
せたがやじんも残念です。
しかし外見だけでも、かなりのものと見受けました。
外にパンタグラフがありましたし・・・。




e0030922_16183193.jpg
と、いろいろなものを見てまわりつつ、
無事(!?)岡本民家園に着きました。
実は出発して一歩め辺りから迷い始めてたのですが、ちゃんと着くことができて良かったです(汗)

岡本民家園の、冬日に照らされたたたずまいが何ともいえず素敵でした。
縁側に座っているせたがやじん、わかりますかね?
ここでおやつもいただいて、次は静嘉堂です。





e0030922_16294081.jpg
岡本八幡にある松任谷夫妻寄贈の石灯籠をみて、八幡様の脇道から静嘉堂へ行きました。
静嘉堂文庫のとなりには立派なイチョウの木がありまして、静嘉堂文庫とイチョウの景色がとても良かったです。なんだか異国情緒がありました。
また、ここのお庭も素敵でした。今の季節は木々が色づいていて、秋を感じることができました。







次は玉川大師に行きました〜。
ここはやはり地下の霊場がすごいのです。
参加者の方全員で、地下霊場を参拝致しました。
一人のときとはまた違って、
なかなかに貴重な体験ができたと思います。
そして、私は3回目にしてはじめて地下霊場の途中にある
弘法大師の道具(名前が出てこない・・・)を触ることができました。
多分一人じゃずっと探せなかったと思いますです。

最後は行善寺です。
ここに行く途中に、田園都市線の上を渡る陸橋があるのですが、
ここから運転手さんに手を振ったら、なんと振りかえしてくれたのです!!
前は30分くらい粘っても、だれも気付いてくれなかったのに!!!
今回のお散歩の中で一番嬉しかったかもしれません。

行善寺には、夕日がみえるころに着くことができました。
ここからの眺めは、行善寺(玉川)八景ともいわれ、
江戸の頃より有名だったそうです。
しかし、現在では高い建物ができてしまって、
多摩川を眺めることができません。
夕日も高島屋に阻まれてしまい、ちょっと残念でした。

帰りは旧行善寺坂を下って二子玉川の駅へ。

寒い中、一緒に歩いて下さったみなさま、
本当にありがとうございました♪
一人のときと違って、なんて賑やかで楽しいことか(落涙)
またどこかツアーをつくってみなさんと行けたらなぁと思います。
今度は何か行事に合わせて行くのも楽しいかしらんと目論んでます。

また、今回は女子写真部のみなさまと一緒にお散歩できましたので、
みなさんの撮った写真も見ることができたらな、と思っています。
[PR]
by hirainatsuko | 2006-12-06 16:52 | お散歩

    

きょうどしか(志望)
by ooyama michiko
カテゴリ
全体
民話・伝説
民話の舞台
お散歩
世田谷関連の本
史跡
協働事業 風景資産
各地の案内所
つれづれ
大山道場
その他
身上書
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧