世田谷これまである記 -blog編-


<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧



大山道を歩く!!  上町〜二子玉川

世田谷を通っている大山街道。
みなさんご存知でしょうか。
江戸時代、大山詣でに行く人が通った道で、赤坂御門から伊勢原の大山まで
つながっている道なのです。
世田谷区内ですと、池尻大橋の辺りから、二子の渡しのあった二子玉川まで
その道が通っております。
お散歩や歴史が好きな人にはメジャーだと(勝手に)思っているのですが、
私自身、池尻から途中の上町までは歩いたことがあるのですが、
その先は未知の世界でした。
それが、なんと!!
大山道を一緒に歩きませんか、というお誘いをもらったのです。
私が誘うことはあっても、誘っていただけることがあるなんて!!!
ということで、本日は意気揚々と大山道の上町〜二子玉川まで歩いてきました。

上町駅12:00集合。
サイゴンで世田谷線を見ながらお昼をとった後、13:00出発!

このあと、郷土資料館の大山道碑や、追分、実相院、旅人の像などをみていたら
まだ上町エリアなのに、もう14:00過ぎている・・・という状況に。
ここから二子玉川まではたして日のあるうちに着けるのだろうか、、、という不安を
抱えながら、一路用賀に向かって歩きました。

途中お地蔵さん(ここは後ろがコンビニになっていて、しかもここのコンビニには駐車場まであったのです。区内に駐車場のあるコンビニがあろうとは・・・。)などをみながら、
車通りの激しい道を歩きました。
そして、ついに用賀駅近くに、新道と旧道が合流する地点(追分)が!!!!
今まで歩いていたのは、旧道(三軒茶屋から世田谷通り方向)なのですが、
ここで新道(三軒茶屋から246方向)と合流するのです。
ここが、ここが、あの旧道と新道が合流する地点・・・・と思うと、
感慨深く、来て良かった〜と思いました。

その後用賀のちめいのゆらいになったといわれる真福寺をみて、用賀駅を通過。
すでに15:30近かったはずです。

しばらく歩くと延命地蔵がでてきて、ここでまた「行善寺ルート」と「慈眼寺ルート」に
分かれます。
今回は「慈眼寺ルート」を進むことにしました。
慈眼寺ルートはまだ昔の道が残っている感じで、道の入り口が弓なりになっていました。

こちらのルートは途中に大空閣寺という風車のまわっているお寺さんがあるのですが、
その手前には区の生産緑地があり、そこは一面フェンスにかこまれた
みごとな梅林になっていました。
2月のこの時期ちょうど紅白の梅がきれいに咲き誇っていたのですが、
なんでここは一般の人は入れないのですかね。もったいない。

その後慈眼寺をみながら、多摩川方向へ歩きます。
ここは高台になっていて目下すごい坂なんですが、前方には高島屋などがよく見えるのです。
自転車で上りきるのはおそらく難しいだろうという坂です。
坂の途中には瀬田玉川神社や玉川寺などがありました。

坂を下りきると丸子川が流れています。
ここからは二子玉川の商店街になっていて、まっすぐ歩くと多摩堤通りに出ます。
多摩堤通りに出れば、玉川まであとちょっと!
河川敷に出て、野川を越えれば多摩川です!
やった!大山道、上町から踏破!!!
時刻は16:30をまわっていましたので、おそよそ3時間半強のお散歩ですね。
2時間くらいが丁度良いなんていいながら歩いたのですがだめでした。
しかも当初は三茶から歩くか・・・という話もあったのですが、
これでは確実に一日コースになりますね。電車だと10分かからないのに。

でもこれで大山道の池尻大橋から二子玉川までのルートがわかったことになります!
嬉しいですね。
・・・特に、あの用賀の新道旧道合流地点がっっっ!!
行くことができて嬉しかったです。
[PR]
by hirainatsuko | 2007-02-25 21:27 | お散歩


せたがやじんと一緒♪  in川崎市立日本民家園  withコワクツさん

世田谷を飛び出した散歩にも、せたがやじんを連れて行ってしまいました!
なぜここにせたがやじんなのかと申しますと、
この前岡本民家園に行った時に、川崎にはもっとすごい民家園がある、
というお話を聞いたからです。
これは是非せたがやじんを連れて行かねば!!と思い今日に至ります。

もう何回一緒にお散歩して下さっているかわからなくなってきていますが、
今回は川崎市在住のコワクツさんが、せたがやじんを民家園まで
連れて行って下さるということで、私も何にも準備せずに連れて行ってもらうことにしました。

この日本民家園は生田緑地内につくられた施設で、
ここには他にも青少年科学館や岡本太郎美術館などいろいろな施設がありました。

そこでついたらまず、民家園でなく展望台の方に行ってみたんですね。
グリーンアドベンチャーをやりながら。
e0030922_1793192.jpg

そうしたら、なんと民家園を上から眺められるところがあって、
とても良い風景に出会えました。

展望台もとてもひらけていて、まわりが360度みわたせました。

その後展望台を下って、日本民家園の敷地に入ってみようと思ったら、
閉園時間30分前ということで、入園終了の園内アナウンスが!!?
展望台を楽しみすぎて、ちょっと(?)時間をとりすぎたようです。
ということで、タイトルに「日本民家園」と銘打っておりますが、
実は日本民家園には入っていないのです。
ただ園内に入れなくても、民家群は近くで見ることができ、
この生田緑地の雰囲気もなかなか良かったので、
せたがやじんもきっと喜んでいるに違いありません!!

ちなみに展望台で何をしていたかと言いますと、
展望台の横に、公園によくあるちっちゃなアスレチックがありまして、
そこでせたがやじんを駆けずりまわらせていました。
日本民家園に関係なくてすみません。。。
e0030922_1725389.jpg


今度はぜひ、日本民家園に入園したいと思います!!
[PR]
by hirainatsuko | 2007-02-09 20:51 | お散歩


等々力不動の節分♪

前々から、節分は喜多見氷川神社の「節分会」でおこなわれる
鬼問答と大黒舞を見てみたいと思っていたのですよ。

しかしこの祭事はおこなわれるのが10:00から・・・。
喜多見の氷川神社に10:00。
すみません、起きられませんでした。
年に一度なのに!!
あああ。来年こそは!(毎年そう言っている気もします。)

ということで、今回は15:00からおこなわれるという等々力不動の
節分に行ってきました。
e0030922_16385330.jpg

結構すごい人でした。
みなさん紙袋とかちゃんと用意しているんです。




豆まきは16:00から3回にわけておこなわれたのですが、
これが凄まじかったです。
戦争です。
最初、境内の救護班は何のためにいるのだろう、、と思っていましたが、
この豆まきのためでした。
上の方から(年男年女?)の氏子さんが、豆やらお菓子やら投げるのです。
ニュースでよくみる、成田山新勝寺でやっているのの小型版です。
下にいる人々は周りの人をおしのけおしのけ上から降ってくるものをとるのですが、
3回目の時などは、私の後ろにいる人が地面にひっくり返っていました。
私自身もお菓子の箱がおでこに当たってちょっとたんこぶができました。
福をもらいに行ったのにおかしいな。
でも「福まめ」をゲットすることができましたよ。

また、ここは宣伝がすごいだけあって、区長も来て豆をまいてましたし、
ホンジャマカの石塚さんもサインボールを投げでいました。

しかしここの豆まきでちゃんと落ちてくるものをとれるようになるには、
日頃からの訓練が必要そうでした。はい。

e0030922_16493355.jpg

あと、境内には赤鬼と青鬼もいましたね。
さすが等々力不動、力の入った節分でした。
[PR]
by hirainatsuko | 2007-02-03 16:29 | お散歩

    

きょうどしか(志望)
by ooyama michiko
カテゴリ
全体
民話・伝説
民話の舞台
お散歩
世田谷関連の本
史跡
協働事業 風景資産
各地の案内所
つれづれ
大山道場
その他
身上書
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧