世田谷これまである記 -blog編-


<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧



渋谷 御岳神社

大山道沿いの芭蕉句碑を求めて、
今回は、渋谷の御岳神社に行って来ました!

こちらも、青山から続く大山道沿いにある神社です。

大山道沿いでは、芭蕉句が流行り、
用賀の真福寺、前回の溝口の宗隆寺の他に、渋谷の御岳神社にも
芭蕉句碑があると聞き、今回やってきた次第です。

渋谷の御岳神社は、宮益坂沿いにあります。


e0030922_13251886.jpg

ありました!芭蕉句碑です!!
階段をえっちらおっちら上りきったところにあります。

「眼にかかる時や殊更さ月不二」

碑の裏には文化八年と刻んであります。



ちなみにこの神社は、
明治三年に明治天皇が駒場野の練兵天覧御幸の時に、
拝殿が天皇の御座所に当てられたという由緒もあるそうです。

駒場の練兵場は明治三年にはあったのですね。
[PR]
by hirainatsuko | 2009-02-26 13:26 | 大山道場


溝口 宗隆寺

大山街道沿いの土地では、
かつて(江戸時代)芭蕉句が流行っていたそうなんです。

大山街道沿いの用賀の真福寺には
芭蕉句が刻んである句碑が置いてあります。

そして、教えていただいたところによりますと、
大山街道沿いの 渋谷「御岳神社」 溝口「宗隆寺」
にも 芭蕉句碑が建っているとのことです。

なので、行ってきました!「宗隆寺」
e0030922_17571837.jpg

境内に「祖師堂」がありました。


そしてこちらが芭蕉句碑
e0030922_1758597.jpg


想像より句碑がきれいだったもので、
ひょっとしたら最近のものではないかしらん?と思ったのですが、
裏にちゃんと「文政十二年」とありました。

ちなみに「世を旅に 代(しろ)かく小田の ゆきもどり」
とあります。
説明板によりますと、
溝口の灰吹屋薬局二代目二兵衛によって建立されたとあります。

次は渋谷の御岳神社に行ってみたいと思います。
[PR]
by hirainatsuko | 2009-02-07 18:05 | 大山道場


喜多見氷川神社 節分祭

ついに念願の喜多見氷川神社の
節分祭に行ってきました!

神事は10:00から開始とのことだったのですが、
5分ほど遅れてしまいましたら、社殿の前は、人人人で
大賑わいでした。

祝詞奏上の後、氏子さん代表(?)の方と一緒に
「福はうち~」とみんなで豆をまくのです。
(私は豆を持っていなかったので、まけなかったのですが 涙)

そうしたら鬼が来るんです!
4体も!
e0030922_17385979.jpg

「鬼はうち」って聞こえたから入れて。
というようなことを言っていました。
神主さんは入れないように攻防しています。


e0030922_17394773.jpg

鬼がおなか減ったといって、
スルメをもらって喜んでいました。


e0030922_17421263.jpg

でも最終的に、鬼は追い払われてしまいました。

この時、参拝者の間を通って帰るので、
鬼はみんなから思う存分、豆をまかれていました。


その後、ひょっとこ(らしき)2体と、
福の神2体と天狗の面をかぶった神様(?)が現れます。

ひょっとこ舞う。
e0030922_17432324.jpg


次に釣り竿をもった神様(恵比寿様?)が舞います。
鯛を釣っていました。
e0030922_17441625.jpg


その次に打ち出の小づちのようなものを持った神様も舞います。
大黒様でしょうか。
e0030922_17461948.jpg


喜多見氷川神社のHPによると
この後福の神が祝詞を奏上して
金銀財宝を一同に捲き授けて(!?)
終了となるそうです。

私は、大黒様が舞っているところまでしか見られなかったのですが、
最後、金銀財宝が捲き授けられたのですか!?

・・・惜しいことをしました。


あっ。あと最後に。
ちゃんと せたがやじん も一緒にいったのです
e0030922_186585.jpg

[PR]
by hirainatsuko | 2009-02-07 17:50 | お散歩

    

きょうどしか(志望)
by ooyama michiko
カテゴリ
全体
民話・伝説
民話の舞台
お散歩
世田谷関連の本
史跡
協働事業 風景資産
各地の案内所
つれづれ
大山道場
その他
身上書
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧