世田谷これまである記 -blog編-


弦巻の民話

今回は弦巻にあった「タンチ山」のたぬきの恩返しです。

タンチ山に突然お寺を建てることが決まり、山のふもとの百姓彦兵衛にも立ち退きが命ぜられました。彦兵衛は立ち退きに際して、役人に自分は代わりの土地が与えられるから良いが、山にいるタヌキやリスがかわいそうでならないと訴えました。それを聞いた役人は、彦兵衛の家と周りの雑木をそのままに残し、代わりに畑を一部ひらくということにしてくれました。これを縁の下で聞いたタヌキやリスは目頭を熱くしたそうです。
何年か過ぎ、タンチ山に立派なお寺が建ちました。しかし翌年には村は竜巻とひょうに襲われ、夏には冷雨が、そしてサトイモ畑には花が降ってくるという不思議な日々が続き、どこも不作となりました。するとある晩、彦兵衛の家を、タヌキが米俵を抱えてやってきました。あくる日にはリスが大豆や小豆を抱えてやってきました。タヌキもリスも彦兵衛に恩返しをしにきたのです。

という、目頭が熱くなるような恩返しの話でした。

ちなみにこのタンチ山について、また『せたがやの民話』から紹介します。
タンチ山に建立されたお寺は「長徳寺」というお寺で、現在は上北沢1丁目にあるそうです。このお寺は1488年に吉良成高が開基したと言われています。その後1559年に吉良頼康が江戸本芝に水軍の基地を設けたため、長徳寺も本芝に移転しました。第二次大戦で戦災にあいましたが、太子像と寺宝は桜上水に移転していて、昭和41年に本堂が現在の位置に建てられたそうです。
タンチ山は現在住宅地になっていて、1559年に長徳寺が移転した後は、昭和初期まで雑木林でした。明治の末ごろ、こじきの親方タンチイ夫婦がこの山に住み始めてから、タンチ山と呼ぶようになったそうです。

・・・すごい。完璧に調べてある。
しかし、吉良頼康が江戸に水軍の基地をつくっていたとは知らなかった。未だに吉良氏の勢力図が分からない・・・。
[PR]
by hirainatsuko | 2006-07-04 16:08 | 民話・伝説

<< 世田谷の民話      代田の民話 その3 >>

きょうどしか(志望)
by ooyama michiko
カテゴリ
全体
民話・伝説
民話の舞台
お散歩
世田谷関連の本
史跡
協働事業 風景資産
各地の案内所
つれづれ
大山道場
その他
身上書
未分類
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧